を間に入れて,示談交渉を行っていくのがいいでしょう。
 また,器物損壊事件では,事件の際に飲酒をしている場合や不良仲間と交友している場合などがよく見受けられますので,少年に規則正しい健全な生活を送らせ,少年の人間関係を健全なものに変えていくていくことが重要になります。そうすることによって,少年の問題点が解消され,再非行の可能性がなくなっていくことになります。